音楽経験のある方でしたら、誰でも経験のある感情ではないでしょうか。
楽器の種類や品質にもよりますが、高いものであれば100万円を超えるものも珍しくありません。
そのレベルの楽器が中古品として安く売られている、もしくは輸入品でたまたま入荷されていた。
そんな時などはお金、それも結構な大金が欲しくなります。

筆者自身はオーケストラで扱われる金管楽器の「ホルン」を演奏しています。
現在使っている楽器は定価で言えば56万円ほどの楽器で、アマチュアの人間が演奏するには十分な品質のものです。
しかし…やはり定価100万円を超えるものが欲しくなる時は多々あります。
特に高価な楽器が欲しくなるのは、同じアマチュアのプレイヤーで高価な楽器を使っている人に会った時です。
「この楽器は高いだけあってなかなか良い音が鳴るよ」なんて言われた時にはもうたまりませんね。
ちょっとお借りして試しに演奏させてもらうと、やはり違う。「これ譲ってくれません?」と言いそうになるのを堪えるのに必死です。
「品質の高い楽器で練習した方が上達具合も高くなってくるよ」という恩師の言葉が、今となっては悪魔にのささやきに…
そう言えば昨日家に届いていた楽器店からのチラシにはドイツ製が入荷されていたと書かれていたような…?などと不埒なことをつい思い出してしまいます。

楽器を演奏する人に限らず、友人知人が高価なものを自慢げに所有していた時や、目当てのものが手に入りそうだと確信した時は、誰しもお金がほしいと思うのかもしれませんね。